SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

イルカの詩

iruca no uta
あの子
0
    今日 夢で逢ったあの子 もう逢わない もう逢えない ボクが閉ざした 氷づけの記憶が ふいに開いた 「久しぶり」 あの子は笑っていた あの子は幸せだった ボクはあの子に 近づいた ボクはゆるされていた あの子の目の奥で あたたかい風が かすかに吹く 目が覚めると ボクの氷が 溶け始めていた いつのまにか 春の風が 吹いていた
    | | 16:36 | comments(0) | - | - |