夢の中で

「これは夢だと知っているんだけど」

 

 

 

そう切り出した私に

私が驚く

 

 

 

そうだねと

静かに頷く彼女

 

 

 

 

その雰囲気は

思ってたものと違って

 

 

寂しさと

憂いと

 

穏やかな愛だった

 

 

 

 

その姿に

ほっとしながら

 

 

消化しないまま

私のお腹にあったものが

 

ゆっくり溶けていくのを

見つめていた

 

 

 

 

夢だけど

夢じゃない

 

 

 

目覚めても

その感覚はしっかり残ってる

コメント