SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

イルカの詩

iruca no uta
<< 重力ポイント | main | そのとき >>
夢の中で
0

    「これは夢だと知っているんだけど」

     

     

     

    そう切り出した私に

    私が驚く

     

     

     

    そうだねと

    静かに頷く彼女

     

     

     

     

    その雰囲気は

    思ってたものと違って

     

     

    寂しさと

    憂いと

     

    穏やかな愛だった

     

     

     

     

    その姿に

    ほっとしながら

     

     

    消化しないまま

    私のお腹にあったものが

     

    ゆっくり溶けていくのを

    見つめていた

     

     

     

     

    夢だけど

    夢じゃない

     

     

     

    目覚めても

    その感覚はしっかり残ってる

    | | 17:10 | comments(0) | - | - |